スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どものおもちゃを片づけた ~分類~

こんにちは。
福岡のライフオーガナイザー、福田です。

前回、子どものおもちゃが増えた原因を考えてみましたが、今回は、子どもがこれらを分類した話です。


分類方法は好きか・そうでないか、で大きく分け、さらに好きなものを種類別に分類しました。
DSC_8364.jpg


作業しているうちに分類しやすい言葉を探していたのですが、最終的に分類の言葉は、「いるか・いらないか」でした。
これは子どもの性格や年齢にもよると思うのですが、うちの長男はいるかいらないか、の方が分かりやすかったみたいです。

作業がスムーズにいくと、子どもは本当にさくさく決めます。
ここでのポイントは、途中で口を挟まないこと。
ひたすら「これは?」「いる?いらない?」で聞いていきます。
同じものでも「あれ?さっきのはいる、だったよ?」「ほんまにいるの?いつも使ってないやん!!」などと口を挟むとそのリズムが崩れ、また彼も混乱することになりました(反省)。

そして、最後までやり遂げとき。
DSC_8372.jpg


私が期待するほどには減らなかった~(笑)
ですが、とりあえずよしとします。
減らすことが目的ではなかったですからね。

ここまでで、2時間ほどかかりました。

その後休憩して、さらに1時間かけて配置場所を考え、一緒に片付けました。

最後の片付けはさすがに集中力も切れ、遊び始めたので、ほとんど私がやってしまいましたが、それでも、よく使うものとその場所は確認して終了としました。


子どもと一緒にやるって、根気が要ります。
集中力は続かないし、2歳の次男は早々に遊び始めてしまいましたし。

ですが、今回の片づけで「これはもう使いそうにない」「なんでこんなにあるの…」などなど、いろいろと新しい発見もありましたので、収穫は大でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

子どものおもちゃは

減らすことを目的にしても、思ったようには減りませんよね・・・。
やったことないけど、なんとなく想像できるように気がします。

どれもそれなりに愛着があるようで。

でも、視覚化するって大切だし、根気がいるけど挑戦してみたいなと思いました。

Re: 子どものおもちゃは

コメントありがとうございます!

子どものものだから、任せたい気持ちと、彼らも把握できないほどの量を所持することへの抵抗感と、色々と悩みますね。
視覚化、まさにその通りだと思います。

優先順位をつけてもらうためにも、一度全部並べてみると、彼らも何か気づくかもしれませんし、気づけるようフォローしていきたいですね。
プロフィール

LO-miki

Author:LO-miki
小学生のころから部屋の模様替えが好きで大学で住環境を専門に学ぶ。しかし建築方面での就活は全くせず、金融機関に就職。当時遠距離恋愛中だった夫との間に子どもができ、1年で退職、結婚、出産。現在2児の男児を育児中。
もともと片づけは得意だと思っていたが、どうも雑然とした部屋に納得がいかず、片づけられない・片づいていなくても気にならない家族にイライラし、そんな自分にも自己嫌悪。我が家だけの片づけマニュアルがほしいと感じている頃に「ライフオーガナイズ」を知る。
その後様々な偶然の後押しもあって、ライフオーガナイザー1級を取得。

家族を大事にしたい気持ち、家事も育児も自分のこともお仕事も?諦めたくない。頭であれこれ考えるだけじゃなく、行動したい。そのために"できることから1歩ずつ"をモットーに。糟屋郡初のライフオーガナイザー。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。